TOP > 








ふたご座流星群 …あれこれ…

布団から出るのがつらい日がありますね(-。-)y-゜゜゜。

ふたご座流星群 。これ、どうして話題になってるんでしょ。

その真実はあまり知られていないふたご座流星群 (大げさ!(>_<))

私「ふたご座流星群 」のことあまり知りません。

どんなんがあるのでしょ、ふたご座流星群 。

ふたご座流星群
ふたご座流星群(ふたござりゅうせいぐん、学名”Geminids”)はふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。ふたご座α流星群(ふたござアルファりゅうせいぐん)とも呼ばれる。12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。ふたご座流星群の母天体は長らく謎であったが、1983年に、アメリカ航空宇宙局NASAが打ち上げた赤外線天文衛星IRASによって、ふたご座流星群に酷似した軌道を持つ小惑星・(3200)ファエトン(小惑星)ファエトンが発見され、現在ではこれが母天体とされている。すなわちファエトンはかつては彗星であったが、ガスやチリなどの揮発成分を放出しつくしてしまった天体で、以前に放出したチリが地球の軌道と交差する軌道を巡っておりふたご座流星群となっているということである。ファエトンが太陽の周囲を公転する周期はわずか1.43年であり、現在知られている中で最も周期が短いエンケ彗星の半分以下である。また、ファエトンはかなり歪んだ楕円軌道を持ち、太陽に最も近づいたときは水星の軌道よりも遥かに内側に入り込む。このため、頻繁に強い太陽光を受け、揮発成分が無くなってしまったと思われる。明らかに活動している流星群で、母天体が小惑星であると分かっているのは、2005年現在ではふたご座流星群だけである。...

なかなか欲しくなりませんか?

また、こちらも参考にしてください。

ふたご座流星群
ふたご座流星群(ふたござりゅうせいぐん、学名”Geminids”)はふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。ふたご座α流星群(ふたござアルファりゅうせいぐん)とも呼ばれる。12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。ふたご座流星群の母天体は長らく謎であったが、1983年に、アメリカ航空宇宙局NASAが打ち上げた赤外線天文衛星IRASによって、ふたご座流星群に酷似した軌道を持つ小惑星・(3200)ファエトン(小惑星)ファエトンが発見され、現在ではこれが母天体とされている。すなわちファエトンはかつては彗星であったが、ガスやチリなどの揮発成分を放出しつくしてしまった天体で、以前に放出したチリが地球の軌道と交差する軌道を巡っておりふたご座流星群となっているということである。ファエトンが太陽の周囲を公転する周期はわずか1.43年であり、現在知られている中で最も周期が短いエンケ彗星の半分以下である。また、ファエトンはかなり歪んだ楕円軌道を持ち、太陽に最も近づいたときは水星の軌道よりも遥かに内側に入り込む。このため、頻繁に強い太陽光を受け、揮発成分が無くなってしまったと思われる。明らかに活動している流星群で、母天体が小惑星であると分かっているのは、2005年現在ではふたご座流星群だけである。...

ふたご座流星群 アストロノミー
12月14日頃、「ふたご座流星群」が極大を迎えます。流星とは、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて、大気と激しく摩擦を起こし、高温になると同時に光って見える現象です。ふたご座流星群...

ふたご座流星群 現れ始める
オーロラニュースVol.1912月14日頃にピークをむかえる「ふたご座流星群」は、「オーロラ中継Live!オーロラ」観測所が設置されているアラスカ上空に、その姿を見せ始めています。昨晩のオーロラはあまり活発ではありませ・・・...

動画も検索してみようかな、ないかもだけど。

加湿器通販情報

スポンサードリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://eza.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/2724

関連エントリー


Edit